吉田佳右第一三共研究開発員メタノール殺人事件

吉田容子経歴は京都大学院から第一三共へ「学歴才女も子どもが生きがい」

吉田佳右第一三共研究開発員メタノール殺人事件

第一三共研究社員の吉田佳右容疑者が妻の吉田容子さんを殺害するという事件が起きました。容子さんが晩酌をしていた焼酎のなかにメタノールを混ぜたとされています。小学生の息子を残して無念な亡くなり方をした吉田容子さんについて調べてみました。

吉田佳右の経歴「学歴コンプで妻を超えたかった」メタノール殺人事件

吉田佳右容疑者に冤罪説「消去法で犯人にされた」第一三共メタノール事件

吉田佳右自宅「家庭内別居!妻はワンオペでリビング横の洋室に脱出」

吉田容子さんの小学校時代「小さい頃から頭がいい」

夫である吉田佳右容疑者に殺害されて亡くなった妻の容子さん、TBS NEWS DIGで小学生時代の画像が映し出されていました。

吉田容子さんの小学生時代

クラスの集合写真でしょうか、白襟にグレーの制服またはスーツやワンピースといった、かしこまった服装で写っています。少し拡大してみます。

吉田容子さんの小学生時代

ショートカットがお似合いの清楚なお顔立ちです。

小学生時代の吉田容子さん

 

先程の写真とは違ったラフな服装で遠足で取った写真にも見えます。

テレビの取材班が吉田佳右の妻である容子さんの実家周辺を訪れたのでしょう。容子さんを知る女性にインタビューをしています。

インタビューに答える容子さんを知る女性

2年前くらいに息子さんを連れて帰ってきたかな、いいお母さんになったなって感じです。
小さい時から頭が良いことは有名ですね。優しい笑顔でね。
容子さんを知る女性の言葉から容子さんは小さい頃から頭脳明晰なのがわかります。優しい笑顔が今でも存在していたとすればきれいなお顔立ちと想像できますし、知人にいいおかあさんになったと見られるのは、子どもをしっかり育てていた証拠です。

吉田佳右の妻の中学・高校「有名私立の可能性」

吉田佳右の妻である吉田容子さんの中学校や高校の詳細は公表されていません。

後述しますが、吉田ようこさんの大学は神戸大学と公表されています。それに基づいて高校はどこなのか、調べてみました。

2020年度神戸大学の合格者数が多い高校(総合)ランキング
1位 奈良県立奈良高等学校
2位 兵庫県立神戸高等学校
2位 兵庫県立長田高等学校
3位 須磨学園高等学校
4位 大阪府立天王寺高等学校
5位 大阪府立手前高等学校

こちらは2020年度ですが神戸大学の合格者数が多い高校(総合)ランキングです。上位の高校は共学で公立中高一貫校となっています。

2020年度神戸大学の合格者数が多い高校(女子校)ランキング
1位 四天王寺高等学校
2位 京都女子高等学校
2位 大谷高等学校
3位 須磨学園高等学校
4位 親和女子高等学校
5位 大阪女学院高等学校
こちらも2020年度のものですが、女子校に絞ってのランキングです。
吉田容子さんが小学生の時から頭が良かったことは知人女性のインタビューでわかっています。頭がいいお子さんは私立の学校を受験することも考えられます。
1位の四天王寺高校は小学校から併設していますし、京都女子は幼稚園からの一貫校です。上記した容子さんの小学校時代の写真を見ると、グレーの制服に見えなくもありません。神戸大学に合格するくらいですから進学校だったのでしょう。
(2022.09.21追記)
容子さんも才女だった。神戸市に兄2人に続く末っ子として生まれる。祖父母は町工場とタバコ屋を営み、父は証券マン。小学校卒業後、中高一貫の神戸海星女子学院に進学した。近隣住民が振り返る。
出典:週刊文春
週刊文春によると、吉田容子さんは中高一貫の神戸海星女子学院の出身でした。
ピアノを習い、大事に育ててもらっているお嬢ちゃんのという印象だったと取材に応じた近隣住民の方は話しています。

神戸海星女子学院中学校高等学校ホームページより引用

教育方針のしっかりした立派な学校です。吉田容子さんが大事に育てられたことがわかります。

(追記終わり)

吉田ようこさんは神戸大学農学部出身

吉田ようこさんが通った大学と大学院は公表されています。

産経新聞より引用

妻の容子さんは神戸大学農学部卒業後、京大大学院に進学した
吉田容子さんの大学は神戸大学農学部でした。「農学」っていったどんなことを学ぶのか調べてみました。
出典:ベネッセ
「農学」は、私達の生活を支える大きな産業である「農学」それに関わる植物・生物、ひいては地球全体の環境などについても研究する学問です。(中略)私達の社会がより豊かな食生活を送るために重要な学問です。
食糧生産だけでなく、食の安全や気候の変動による食料不足など、社会問題を解決に導く研究をするための勉強でしょうか。最近では農学系の学部の新設もあったりと注目を集めている学問でもあります。
卒業後の進路先も調べてみました。
出典:合格サプリ
農学部生の進路として最も多いのは大学院進学です。全体の6〜9割を占めます。
全体の6割から9割もの学生が大学院に進学とは農学部の特徴のようです。

京都大学大学院農学研究科から製薬会社へ

容子さんの大学卒業後の進学先は京都大学大学院農業研究科でした。
京都大学大学院農学研究科のホームページをのぞくと緑豊かな自然に囲まれた校舎の写真がめに飛び込んできました。農学というのにふさわしい環境でのびのびと学べそうです。
農学は実習も多いようです。吉田容子さんも白衣を来てこのような感じで学習に勤しんでいたことが推察されます。
京大大学院農学研究科卒業後の進路先を調べてみました。
出典:京都大学大学院HP
平成27〜令和元年度前期課程(修士課程)終了者就職先
食品生物科学専攻の平成27〜令和元年度前期課程(修士課程)終了者186名中、約6割の106名が食品関連企業に就職しています。また、化学関連企業に13名、製薬会社に13名が就職しており、8名が大学院博士後期課程に進学しています。
京都大学大学院のホームページを見ると卒業生の就職先については平成27年以降が調べられる範囲での最新情報でした。
農学部の「食品生物科学専攻」から「製薬会社に13名」就職したことがわかります。別の専攻も調べてみました。
出典:京都大学大学院HP
京都大学大学院
農学研究科応用生命科学専攻



第一三共株式会社
この資料によると農学研究科の「応用生命科学専攻」でも製薬会社に就職していることがわかります。

吉田容子さんは「食品生物科学専攻」か「生命科学専攻」だったことが推察できました。

(2022.09.21追記)

大学院時代の吉田容子さん

出典:週刊文春

食品系の研究をしていました。ハキハキとしていて、忘年会などでもリーダーシップを発揮していました。研究に没頭するだけではなく、化粧や服装の身だしなみにも、とても気を遣っていた。交流も広くて、就職の相談をしていた先輩男子のことを『イケメンでええわ〜』『振られちゃった』とサラっと言ってましたね

出典:週刊文春

大学院時代の教員が週刊文春の取材に応じた話です。よしだようこさんは小学生のときの写真もショートカットだったので、あまり髪を伸ばしたことがなかったのでしょうか。利発で清潔感あふれるイメージがあります。

(追記終わり)

第一三共株式会社円満退職で広告会社へ転職

吉田容子さんは京都大学大学院農学研究科を出て第一三共へ就職しました。第一三共株式会社の年収を調べてみました。

出典:openwork

第一三共株式会社の正社員71人のアンケートとった平均のデータです。

国内トップクラスの製薬企業で「ロキソニン」や「ルル」など有名。国内外に生産・研究開発拠点を所有し、医療医薬品の事業が中核。革新的な創薬型企業を目指して元領域などに注力。

職業別の平均年収
MR     809万円(300万から1300万)
営業      896万円(500万円から1300万円)
研究   938万円(650万円〜1400万円)
研究開発 1053万円(650万円〜1500万円)

吉田佳右容疑者と容子さんは第一三共の社内恋愛で結婚しました。吉田佳右容疑者が研究社員と公表されているので、容子さんも同じだとすれば初任給でも650万円くらいの年収だったことがわかりました。
結婚後、容子さんは第一三共を退職しています。社内結婚するとどちらか異動になったりしますが、第一三共もそうだったのでしょうか。異動になるくらいならと転職を考えたのかもしれません。容子さんは広告会社に転職しました。

吉田容子さんが思っていた夫への疑惑

吉田容子さんはなぜ殺されたのか、気になりました。

JIJI.COM

時事通信より引用

数年前から夫婦仲が悪く異性関係などをめぐりたびたび口論になっていた。
JIJI.com

時事通信より引用

7〜8年前には、吉田容疑者とのトラブルについて容子さんが警察に相談したこともあった。
JIJI.COM

時事通信より引用

容子さんのスマートフォンからは、吉田容疑者を追求するような様子が映った複数の動画が複数見つかった。長男と3人暮らしだったが、最近は家庭内別居状態で、夫婦は食事もほとんど別々にとっていた。
吉田容子さんは夫である吉田佳右容疑者の異性関係で悩んでいたようです。浮気など疑われるような事があったのでしょう。スマホで動画を撮ったりすることから、何か証拠をそろえていたのかもしれません。
夫がもし浮気をしたことがわかったら顔も見たくないし、口も聞きたくない、イライラして食事も一緒になって取りたくない気持ちもわかります。
YOMIURISINBUN

読売新聞より引用

「けんかの時に手をあげたことがある」と吉田容疑者は供述していた
吉田容子さんは浮気や不倫など吉田佳右容疑者の異性関係で、つめよったのでしょうか、吉田容疑者は口論の中で手を上げたこともあるとDVが日頃からあったことも伺えます。
yomiurisinbun

読売新聞より引用

2人は第一三共の元同僚で2010年に結婚した。その後、長男が生まれ、13年に購入した現場のマンションで家族3人で暮らしていた。容子さんは広告会社に転職していて、仕事は順調だった。

時事通信より引用

容子さんの直近のインターネットの検索履歴も長男の塾に関するものや本の予約をした記録・・

夫の異性関係に悩み、夫婦喧嘩が堪えなくなった容子さん、結婚したことを後悔していたかもしれません。インターネットの履歴が息子のことばかりとのことから、息子の教育に熱がはいっていくのもわかる気がします。

小学生の男の子はお母さんが大好き。容子さんも息子が生きがいとなっていったことが伺えます。

夫の吉田佳右容疑者とは5年前の2017年頃から仲が悪くなって行ったといいます。

吉田容子さんがメタノールを摂取され亡くなるまでの様子

吉田容子さんが亡くなったのは2022年1月16日です。司法解剖の結果「急性メタノール中毒」が死因だということがわかっています。亡くなった当日前後の吉田容子さんの様子をまとめていきます。

読売新聞より引用

容子さんは夕食時に晩酌する習慣があったといい、同課は吉田容疑者が事前に焼酎にメタノールを混入し、14日夜に容子さんがその焼酎を飲んだ可能性があると見ている。

1月14日18時頃、吉田容子さん小学生の息子と二人で夕食を食べました。容子さんは警察の調べでクレジットカードの明細から紙パック入の焼酎を買っていたことわかっています。晩酌の習慣があることからこの日も焼酎を飲んだことが予想出来ます。

FNNプライムオンラインより引用

14日に夕食を取った後容子さんは具合が悪くなります。吉田佳右容疑者は夜9時過ぎに帰宅し、容子さんが自分の部屋で嘔吐しているのを見て「二日酔いだと思ってそのままにした」と供述しています。

FNNプライムオンラインより引用

1月15日の朝、容子さんはろれつが回らない、ベッドから落ちると言った状態だったが、二日酔い状態だと思い、そのまま床に寝かせてたと吉田佳右容疑者は供述しています。

FNNプライムオンラインより引用

1月16日、容子さんがベッド脇に倒れていたことで吉田佳右容疑者が119番通報をしました。吉田容疑者は容子さんを丸一日以上放っておいたことになります。いくら二日酔いに見えても、こんな長い時間放って置くのは違和感があります。

産経新聞より引用

事件直前、吉田容疑者の行動が原因で妻の容子さんからののしられていた
やはり殺害する何かきっかけがあったと思われます。以前からの異性関係などの問題から夫に対して疑惑でいっぱいの容子さんは、吉田容疑者に対して暴言を吐いたのでしょうか。
吉田容疑者が「ののしられた」と表現しているということは、ただ、悪口を言われたという印象ではなく、ひどい言葉で言われたり、罵倒するなど頭にくる言葉を言われた可能性があります。お酒を飲んでいたことも拍車をかけたのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました