吉田佳右第一三共研究開発員メタノール殺人事件

吉田佳右容疑者に冤罪説「消去法で犯人にされた」第一三共メタノール事件

吉田佳右第一三共研究開発員メタノール殺人事件

2022年1月、妻に毒性のあるメタノールを何らかの方法で摂取させて殺害した疑いが強まったとして第一三共社員、吉田佳右容疑者が警視庁に逮捕されました。大学時代を知る男性は成績優秀で明るい人、殺人事件を起こすなんて想像もつかないと話しました。

吉田容子経歴は京都大学院から第一三共へ「学歴才女も子どもが生きがい」

吉田佳右の経歴「学歴コンプで妻を超えたかった」メタノール殺人事件

吉田佳右自宅「家庭内別居!妻はワンオペでリビング横の洋室に脱出」

逮捕された吉田佳右容疑者は容疑を否認しています。それを大前提として今回はSNSやヤフコメで複数見られる冤罪説についてまとめていきます。

吉田佳右は消去法で犯人にされた説

吉田佳右容疑者に殺害した証拠がみつかったというよりも、妻の容子さんに自殺の理由が見つからない、自宅からメタノールが見つからない、製薬会社につとめててあやしいという観点からほかの第三者では考えにくいし、とりあえず逮捕して自供を待とうとしているように思えると言う意見です。

警視庁は、容子さんが自殺するような事情が見当たらないことや、第三者が介在した可能性もないことから、吉田容疑者の犯行とみて逮捕した。

吉田容疑者は、容疑を否認しているという。

警視庁は、夫婦の間で何らかのトラブルがあったとみて調べている。

出典:ライブドアニュース

え、メタノールで妻殺害の容疑って妻の自殺理由が見つからないことと、第三者の介入の痕跡が無いっていう消去法なの??
メタノールで奥さん殺害で逮捕された人、調べたけど他に怪しい人出てこなかったから、製薬会社の研究員だし、きっと旦那だろうくらいの感じで逮捕されたとしか報道内容からは読みどれ無いな。他になにかあるのだろうか。おこさんもいるみたいだし、冤罪だと良いな。

吉田佳右の妻に自殺願望か?

警察は妻の吉田容子さんには自殺する理由がないと見ています。これは小学生である息子の教育に熱心だったからという理由からです。絵本を予約したりしていた母親が自殺するわけがないというものです。それに対しネットでは、本人しかわからない闇があるという声が聞かれまいした。

冤罪じゃないの?メタノールなんてすぐ自分だと足がつくのにやらないんじゃ?
理由なく死にたくなるときもあるわ
メタノールの冤罪じゃない?あらゆる恨みから死にたくなることもあるし、犯人に仕立て上げるってこともある。てか息子まで撮影するのやめなよマスコミ・・

メタノール殺人事件と松本サリン事件の共通点

松本サリン事件は1994年6月27日に長野県松本市で発生したテロ事件。オウム真理教教徒らにより、神経ガスのサリンが散布されたもので被害者は8人に及びました。第一通報者である被害者がなかば公然と犯人としてあつかわれてしまった冤罪未遂事件・報道被害事件でもあります。

メタノールの入手経路や摂取させた方法については特定されていない。捜査関係者によりますと、夫は勤務先で薬品の研究・開発の業務にあたっていてメタノールを取り扱う機会があった
松本サリン「冤罪」事件を思い出させる。逮捕報道で名前を出さない程度には各社警戒心が働いているようだが。

妻をメタノールで殺してしまったかも?事件、冤罪などではないといいなと。松本サリン事件の河野さんを思い出したのである。

吉田佳右が黙秘する可能性と立証が難しい説

ヤフコメからは吉田佳右容疑者は逮捕の段階であり、起訴されたわけではないということ。そして容疑を否認していることなどから、冤罪説が複数見られました。

ショッキングなニュースではありますが、現時点では警察が逮捕したと言うだけです。容疑や犯罪事実は裁判で立証されるものですので、もちろん無罪も考えられます。真実の救命を望みますが、犯人であることを前提としたような見方をするのは間違っているかと思います。薬学の知識がある人が殺人を考えるのなら、当然証拠の残らない方法を考えるでしょう。司法解剖で簡単に検出されるような手段をとるかどうか。ちょっと不自然な気もします。自分なら専門性を生かしてもっと巧妙に隠蔽すると思います。いずれにしても、これからの捜査で警察がどれだけ真相を解明できるか見ものですね。

警察が捕まえたからって自白がなければ、立件は難しいと思うけどね。ただ研究目的でも薬品管理がなされてる会社なら使用記録が残ってるだろうし、そこから逮捕に踏み切ったのかもと推察する。でも飲ませたことまで立証は難しいし、本人の自殺の可能性、それに伴う心神喪失状態による欠勤と証言されればよほどの証拠がないと難しい。本人が自白するまでは犯人断定は誹謗中傷とも捉えかねないし控えたほうが良い。

松本サリン事件は任意の段階で逮捕に至っていない。任意捜査の場合まだ引き返しができるのだが、逮捕されてしまうと引き返しが出来ない。一連の手続きに従って進んでいくことになる。警察は全力で自供を引き出そうとするだろう。警察は容疑者がクロと断定して逮捕するので、やっていなかったらしっかり説明して、それでも聞く耳を持たなければ黙秘するしかない。

立証するの大変だよ メタノールを入手したことの証明だけではなく、飲ませたことを立証しないといけないからね

松本サリン事件は冤罪事件「警察とマスコミが批判を受けた」

松本サリン事件は1994年6月27日に長野県松本市で発生したテロ事件。オウム真理教教徒らにより、神経ガスのサリンが散布されたもので被害者は8人に及びました。第一通報者である被害者がなかば公然と犯人としてあつかわれてしまった冤罪未遂事件・報道被害事件でもあります。

メタノールの入手経路や摂取させた方法については特定されていない。捜査関係者によりますと、夫は勤務先で薬品の研究・開発の業務にあたっていてメタノールを取り扱う機会があった
松本サリン「冤罪」事件を思い出させる。逮捕報道で名前を出さない程度には各社警戒心が働いているようだが。

妻をメタノールで殺してしまったかも?事件、冤罪などではないといいなと。松本サリン事件の河野さんを思い出したのである。

【松本サリン事件概要】

1994年6月27日午後10時40分頃、長野県松本市で起きたテロ事件。
長野県松本市北深志1丁目の住宅街で、オウム真理教の幹部らが猛毒の神経ガスであるサリンをまき、8人が死亡、約600人が重軽傷を負った。
戦争状態にない国において、サリンのような化学兵器クラスの猛毒が一般市民に対して無差別に使用された世界初の事例であり、同じくオウム真理教による地下鉄サリン事件を除けばその後も類がない。
教団関係の訴訟を担当していた長野県地裁松本支部の裁判官官舎を狙ったとされる。
発生後、第一通報者の河野義行さんを犯人視した警察とマスコミが批判を受けた。昨年7月に死刑が執行された元教団幹部13人のうち、松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚を含む7人が事件に関与していた。

吉田容子経歴は京都大学院から第一三共へ「学歴才女も子どもが生きがい」

吉田佳右の経歴「学歴コンプで妻を超えたかった」メタノール殺人事件

吉田佳右自宅「家庭内別居!妻はワンオペでリビング横の洋室に脱出」

コメント

タイトルとURLをコピーしました