" />

ドラえもん

ドラえもん「ポータブル国会」カイサン理由それはのび太のジコチュー

2021年6月7日

ポータブル国会アイキャッチ

ドラえもんの「ポータブル国会」は携帯型の国会です。

法案を書いた紙を「ポータブル国会」にいれれば簡単に法律が施行されます。

ただし、危険をともなう、注意しなければいけないことがあります。

それはなんなのか、あらすじとともに見ていきましょう。

この記事でわかること

  • ドラえもんのひみつ道具「ポータブル国会」概要
  • ドラえもん「ポータブル国会」(コミックス第22巻)あらすじ
  • ドラえもん「ポータブル国会」(コミックス第22巻)発刊当時の時代背景
  • 国会 のしくみ




ドラえもんのひみつ道具「ポータブル国会」概要

ポータブル国会のしくみ

  • 機械に法案を入れると、日本中でそれが守られる。
  • 社会に大きな影響をあたえるので、むやみやたらに使わない。
  • 携帯型なのでいつでも法案を入れられる。
  • 自分勝手な法案ばかりだと「カイサン」と音を出し、自動的に爆発する。

ポータブル国会 テレビ朝日HPより引用

ドラえもん「ポータブル国会」(コミックス第15巻)あらすじ

のび太が「今年はお年玉の集まりが悪い。」とがっかりしています。

ドラえもんが「不景気なんだね。」と言い、さらに2人はがっかり。

世の中は不景気

2人は思い出します。

お年玉をたくさんくれる北海道のおばさんが残っていたことを。

楽しみにしていた2人ですが、おばさんは来れなくなりました。

今年は運賃があがったのでおばさんは来ないというのです。

「ポータブル国会」設立

「だれが値上げなんか決めたんだ。」とのび太が怒っています。

ドラえもんは「たぶん国会が値上げ法案を可決したんだろう。」と言いました。

そこで取り出したのが「ポータブル国会」です。

この機械に法案を入れると日本でそれが守られます。

「ポータブル国会」で第1法案を施行

ドラえもんは早速「正月の間だけ運賃を値下げする」と法案に書きました。

すると、運賃が下がったとおばさんが来ることになりました。

喜んだのび太は、なにか法案を思いついて書き出しました。

ココに注意

社会に大きな影響を与えるものは書いちゃダメ!

のび太が考えた法案(崇高な目的)と詳細

のび太は自分が総理大臣にでもなったかのように、言うのです。

「日本を明るい楽しい国にしていこう。」

法案 詳細
お年玉はひとり1万円以上子どもにあげること お父さんは律儀なことに、足りない分のお年玉をのび太とドラえもんに渡した。
子どもに仕事をさせてはならないこと のび太が2階の窓からゴミを捨てたことがママに見つかってしまい、掃除をするように言われ考えついた。
今日だけ、物の値段を十分の一にすること のび太は欲しい物を全部買おうとして、お年玉でも足りないことに気づいたため、考えついた。

のび太が考えた法案(ジコチューな目的)と詳細

のび太は自分が考えた法案でみんなのためになったと、いい気分で広場に行きました。

のび太は犬山くんにあげた年賀状の「犬」が「太」に、のび太の「太」が「犬」になってたことをジャイアンにバカにされました。

のび太はカンカンに怒ります。

法案 詳細
太と犬の字をとりかえること 字を間違えたことをバカにされたのび太が考えついた。
ゲームをするなら、必ずのびに勝たせること 物の値段を十分の一にしたことで、欲しい物が全部売り切れたことに腹を立てたのび太。

感情まるだしで怒り、「もう国民のことなど考えない!」と気でも狂ったかのように、次々とジコチューな法案をポータブル国会にいれました。

 

のびをバカにしたものは死刑にすること
のびの誕生日を国民の祝日とすること
のび・・・税金・・・させること(※)
・・・宿題・・・すること(※)

(※)コミックス第22巻から、かろうじて文字を拾いました。

見えない部分はご想像におまかせしますm(_ _)m

「ポータブル国会」解散(ここがオチ)

「みんな恩知らずだ。せっかくみんなのためにいい政治をしてるのに!」

のび太はみんなのためにと思ってやったことが、裏目に出たことに腹を立てます。

ココがオチ

のび太の都合のいいことばかりの法案を次々に入れた結果、ポータブル国会は『カイサン』と音を出しながら爆発しました。

ちょこみ
ほら、ドラえもんの言ったとおり。むやみやたらに使うと、自動的に壊れるんだよ。




ドラえもん「ポータブル国会」(コミックス第22巻)発刊当時の時代背景

北海道のおばさんが来れない理由

ドラえもん「ポータブル国会」が載っているコミックス第22巻発刊は1977年です。

その前の年、1976年は国鉄(今現在はJR)が大幅に運賃を値上げた年でした。

大幅というのがどれくらいかというと、50%の値上げでした。

1977年当時の交通事情

北海道のおばさんは、当時どういう交通手段で東京ののび太のところへきたのでしょうか。

もし、今の令和の時代なら・・・どうしてたのか、比べてみました。

北海道のおばさんが札幌に住んでいると仮定します。

また、当時と比較するため札幌ー上野間で比較してみます。

1977年(昭和52年)の場合

寝台列車と青函連絡船を使ったと仮定

交通手段 ルート 所要時間 運賃
鉄道と青函連絡船 札幌→函館→青森→上野 約20時間 25,000円(※)

※・・運賃は予想です。

青函連絡船は1988年(昭和63年)青函トンネルに、その役割を譲って廃止されました。

2021年(令和3年)の場合

北海道新幹線は2016年(平成28年)開業されました。

青森県青森市から北海道旭川市を走ります。

交通手段 ルート 所要時間 運賃
飛行機 札幌→新千歳空港→羽田空港→上野 約3時間50分 31,420円
新幹線 札幌→新函館北斗駅→上野 約8時間30分 27,240円

飛行機は早割などを使えば運賃はもっと安くなるので、飛行機が最適な手段ですね。

国会 のしくみ

ちょこみ
日本の国会ってなにするところなんだろう?

国会 参議院HPより引用

国会議事堂の左側が衆議院、右側が参議院。

日本の国会は衆議院と参議院の2つの議院から成り立っていて、このようなしくみを二院制(にいんせい)と呼んでいます。

国会とは

国会は国民代表の集まりです。

国民のためにさまざまなことを決めるところです。

最も大切な仕事は法律を作ることです。

法律ができるまで

step
1
法律案を提出

提出できるのは国会議員と内閣です。

step
両議院で審議

提出された議院から審議が行われ、両議院の審議が一致して法律となります。

step
成立した法律は天皇によって公布

私たち国民には官報で知らされます。

三権分立

国の権力を3つに分けるしくみを三権分立と言います。

3つとは立法権、行政権、司法権です。

国の権力が一つに集中して、むやみやたらに使われることを防ぐためです。

ちょこみ
のび太が勝手にしたようなことは、日本ではできないようになっているんだね。

-ドラえもん

© 2022 SECOND LIFE Powered by AFFINGER5