話題

かなでっちデビューの裏で「宇多田ヒカルと藤三郎絶縁状態」

kanadeaikyatti話題

宇多田ヒカルさんのいとこにあたる『かなでっち』さんが2022年8月24日にCDデビューをする事になりました。おめでたい話題の裏でこの歌うま一族に確執があるという情報がありました。かなでっちさんの父であり、ヒカルさん伯父である藤三郎さんにブチギレしたヒカルさん、いったい何があったのでしょうか。調べてみました。

かなでっちがCDデビュー「藤圭子の姪で宇多田ヒカルのいとこ」

昭和の歌姫・藤圭子さんのめいで、歌手宇多田ヒカル(39)のいとこにあたる女性が24日に演歌でCDデビューする。2月に51年ぶりの再メジャーデビューを果たした圭子さんの兄の演歌歌手藤三郎(72)の長女「かなでっち!」(年齢非公表)で、三郎の再デビュー2作目のCDのカップリング曲で高い歌唱力を披露。圭子さん、宇多田とつながる歌ウマDNAを持つ新人に要注目だ。圭子さんが急死して22日で9年になる。  圭子さんと三郎の両親は浪曲師で家族で北海道から上京。4人が流しで生計を立てた。三郎は娘もデビューすることに「一族の血なんですかね」と感慨深げ。かなでっち!は「まだ実感はないんです」と話す。  CDの楽曲は三郎が「我が人生いかされて」、かなでっち!が「私を忘れないで」で、ともに辻正司作詞で三郎が作曲した演歌だ。  かなでっち!はアマチュアながら、そのネームでカラオケアプリ「ポケカラ」でポップスを中心に歌声を毎日配信。コンテストで優勝経験もある実力派だ。「演歌の曲ははあまり知らない」と明かす。  CDで父子競演デビューを勧めたのは三郎。子どものころから歌が好きなのは知っていたが「昨年の秋、娘が来て『私の歌を聴いてよ』って森昌子さんの『哀しみ本線日本海』など数曲を歌った。その時、うまくなったなあ。彼女の歌で出したいな」と思ったと明かす。「『私を忘れないで』は娘の声質に合わせ、声を張り上げないでも魅力が伝わるメロディーに作曲した。娘とCDが出せて幸せです」とニンマリ。かなでっち!は「自分なりの表現で歌うことを楽しんだ」と満足げ。  圭子さんについて、かなでっち!は「ふだんの叔母は(テレビなどで)歌っている時とは違い、もう少し明るいイメージが強い」と身内ならではの思い出を語る。「叔母が(生きていて)今の年齢ならどんなふうに歌うのか聴きたかった」にはファンもまったく同感だろう。

ヤフーニュースより引用

  • 昭和の歌姫・藤圭子さんのめいで歌手宇多田ヒカル(39)のいとこにあたるかなでっちさんが8月24日にCDデビューする
  • かなでっちさんは2022年の2月に51年ぶりに再デビューした父、藤三郎さんの長女
  • かなでっちは藤三郎の再デビュー2作目のCDカップリング曲で高い歌唱力を披露
  • CDの楽曲は藤三郎が「我が人生いかされて」かなでっちが「私をわすれないで」ともに辻正司作詞、藤三郎作曲した演歌
  • かなでっち日あカラオケアプリ「ポケカラ」でポップスを中心に歌声を毎日配信している
  • かなでっちはコンテストでも優勝経験がある実力派「演歌の曲はあまり知らない」
  • CDで父子共演デビューを勧めたのは三郎
  • かなでっちは藤圭子さんについて「ふだんの叔母は(テレビなどで)歌っているときとは違い、もう少し明るいイメージが強い」とコメント

どんな歌声なのでしょう。歌うま一族なので上手なのは間違えなさそうです。

宇多田ヒカルと藤三郎の確執「三郎の言及にお恥ずかしい限り」

CDデビューというおめでたい話題の影で過去にあった骨肉の争いが気になります。

hikarutomometa

ヒカルと揉めた人?
30nennmaenizetuenn
30年前に絶縁してるのに利用される宇多田
hujikeikozetuenn
藤圭子が絶縁した姪と実兄ですね、宇多田が幼少期を最後に一切会ったことはない
親族なのに、絶縁とは、いったいなにがあったんでしょうか。

歌手の宇多田ヒカルが11日、ツイッターを通じて、8月に亡くなった母・藤圭子さんの四十九日法要について報告すると共に、藤さんの実兄である自身の伯父の一連の言動について「身内の者が世間をお騒がせしております。お恥ずかしい限りです」とつづった。

宇多田はこの日、ツイッターを通じ「母の49日も無事に済ませることができました」と報告。続けて「母の弔い、供養に関しては、9月5日に事務所のサイトにて発表したメッセージの通りです」とつづった。

その後で宇多田は、一部週刊誌などで宇多田の父・照實氏に対する批判などを展開している伯父について「身内の者が世間をお騒がせしております。お恥ずかしい限りです」とツイート。「度々小遣い稼ぎに利用され傷ついた母が長年絶縁していた相手とはいえ、身内を悪くは言いたくないのでこれまで静観していました」と明かし、「彼が本当に母のためを思うならば公の場で醜態をさらさずに私に直接訴えればよいことです」と憤りをつづった。

その上で、今回のツイートの理由を「テレビや雑誌に出る度にギャラをもらっている人の発言・動機を鵜呑みにするような人達にどう思われようが構いませんが、汚い嘘に傷つき追いつめられる父を見て黙っていてはいけないと思いました」とつづった宇多田。四十九日を過ぎ「母が安らかに眠れるように、この騒ぎが一刻も早く終息を迎えることを切に願います」と心境を明かした。

さらに宇多田は、伯父の言動について「礼儀として『事後のお知らせ』」を発送しましたが、それすら私ではなく父が勝手に出したものだなどと彼が主張していると聞き、とても残念です」と反論。「伯父に関して私が言及するのはこれが最初で最後です」と締めくくっている。(西村重人)

2013年10月12日シネマトゥディより引用

宇多田ヒカルが伯父である藤三郎について言及しているニュースです。

  • 「身内の者が世間をお騒がせしております。お恥ずかしい限りです」とツイート
  • 「度々小遣い稼ぎに利用され傷ついた母が長年絶縁していた相手とはいえ、身内を悪くは言いたくないのでこれまで静観していました」と明かす
  • 「彼が本当に母のためを思うならば公の場で醜態をさらさずに私に直接訴えればよいことです」と憤りをつづった
  • 「伯父に関して私が言及するのはこれが最初で最後です」と締めくくっている

藤圭子さんが亡くなった年に起きた出来事です。心身おだやかではないですね。9年経ったいま現在も、宇多田ヒカルは藤三郎とは絶縁状態が続いているのでしょうか。

かなでっちTwitter「ポケカラで配信」

かなでっちさんはこの確執をご存知なのでしょうか?かなでっちさんの近況を知りたいと思い。Twitterを見つけました。

kanadeTwitter

かなでっちTwitterトップ画面

投稿は2016年3月から始まり2022年5月25日で止まっています。ここではカラオケアプリ「ポケカラ」で歌っていることを配信していました。

声を聞くとなんとなく藤圭子さんを思わせるような、いい声です!演歌を歌ったらうまいだろうなあと思います。たのしみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました