梨泰院事故(韓国ハロウィン)

梨泰院事故原因「ハロウィーン聖地巡礼で人が殺到」韓国ソウル

梨泰院事故(韓国ハロウィン)

韓国のハロウィンイベントで梨泰院に集まった人達が将棋倒しによって多数の死者が出た事故。SNSでは、「芸能人がいる居酒屋へ人が殺到した」うわさや、「梨泰院クラスのハロウィンシーンを真似たくて」など、事故原因についての憶測が飛び交っています。

今回は梨泰院事故の原因についてTwitterに出ている情報をまとめます。

千葉3歳児25階転落高層マンション「幕張ベイパークスカイグランドタワー」

冨川芽生Facebook「多才なwebデザイナー」

【画像・動画】韓国ハロウィン「将棋倒しで心配停止」

梨泰院事故瞬間「地下鉄抜け道で将棋倒し」

梨泰院事故原因1「梨泰院クラスのハロウィンシーン聖地巡礼の説」

梨泰ハロウィンイベントなんて今始まった事でもないんだろうけど、久し振り開催+クラスの聖地巡礼(ハロウィンイベント)で人が殺到したっていうのはあるのかなぁ…
今後は日本みたいに警察できちんとコントロールできるといいよね・・・

韓国ハロウィーンは3年ぶりにマスク無しで行われました。場所は梨泰院。ドラマや映画の梨泰院クラスで描かれた場所です。ハロウィンシーンはとても楽しそうで大好きな人もたくさんいるでしょう。ハロウィンシーン目当ての聖地巡礼で訪れる人がいてもおかしくはありません。

梨泰院駅の目の前にあるハミルトンホテル裏手の「世界グルメ文化通り」は異国情緒溢れるとおりです。世界各国のレストランや居酒屋が立ち並んでいます。

梨泰院のハロウィンの人混み、梨泰院クラスっていうドラマで人気になった影響も少なからずあっただろうなあ・・・
このあたりで梨泰院クラスのハロウィーンシーンの聖地巡礼をしたいと思った人は少なからずいたと考えられます。
私は『クラス』見てないんだけど、見ていたら聖地巡礼したい気持ち分かるし、名シーンがハロウィンだったら、その雰囲気味わいたいのも分かるし、何よりコロナ禍で、やっとイベント出来る気持ちが皆を集めてしまったのかも。悲しい事故です。

梨泰院事故原因2「地下の居酒屋に芸能人がいて人が殺到した説」

ハロウィーンで賑わっていた韓国ソウルの繁華街、梨泰院では「地下の居酒屋に芸能人がいる」との噂が流れました。

昨日の梨泰院ハロウィン、元凶芸能人はキム・ヨンチョルじゃないか、とかハンヨハンじゃないか、とか言われてるがお二方も全く知らん

芸能人が梨泰院の地下飲食店にいるという噂で、パニックになった今回の事件で、芸能人が誰なのかTwitterで噂されています。写真は韓国で人気のコメディアン「キム・ヨンチョル」さんです。撮影で現場にいたようです。彼目当てで殺到したのでしょうか。

梨泰院の事故、渦中の有名人はキム・ヨンチョルとか言われてたけど、キム・ヨンチョル見る為に若い子殺到するかね?

「芸能人が地下の飲食店にいるみたい」とのうわさでかけつけ、事故にあったの10代、20代の女性が多いとのことでした。キム・ヨンチョルさんはたしかにコメディアンとしての人気はあるかもしれませんが、若い子が殺到するというのはちがうかもしれません。

梨泰院駅への抜け道と言われる矢印で示した坂で事故は起きました。幅が5mと狭く下り坂になっています。赤丸で囲った場所の地下に飲食店があります。

事故現場である梨泰院駅に向かう細い道では波がうねっているような進み方でした。

この地下飲食店に向かって人が殺到したためと考えられます。

【追記】梨泰院芸能人「地下にいたのはイ・ジハンだった?!」

梨泰院事故の原因とされる一つに「芸能人がいる」という声から人が殺到したことがわかっています。色々な噂がある中、イ・ジハンさんが亡くなった報道がありました。

梨泰院事故瞬間にイ・ジハンはどこにいたのか?

イジハンさんが梨泰院の圧死事故で亡くなりました。悲しい事故だったけど自分の知ってる方が亡くなったと聞いてさらに悲しくなりました。梨泰院で亡くなった全ての方ご冥福をお祈りします。
イ・ジハン
年齢:24歳
血液型:A型
身長:181cm
体重:65kg
趣味:映画鑑賞、読書
特技:演技

人気オーディション番組「PRODUCE 101 シーズン2」に出演した俳優のイ・ジハンさんが梨泰院事故に巻き込まれ、亡くなりました。SNSではファンを始めとする多くの方が悲しみにくれています。

こんなにも人気のイ・ジハンさん。「芸能人が梨泰院の地下飲食店にいる」という噂はイ・ジハンさんだったのかもしれません。まぎれもなく10代、20代の女性が殺到することが考えられます。

日本人の犠牲者も!冨川芽生さんの将来の夢は?

梨泰院事故原因3「大統領府移転で警備が手薄だった説」

梨泰院事故では警察や消防、警備の数が少ないという声も聞かれました。

梨泰院のハロウィンの事故について韓国人と話した。ユン大統領大統領府を梨泰院があるヨンサンに移したからヨンサンの警察が大統領警備にまわされてたらしい。コロナ規制緩和でハロウィンに多くの人が梨泰院に集まるのは分かっていたのに警備が通常の5分の2しかいなかった。大統領による人災の様だ。
ユン大統領が大統領府を移したために、大統領側の警備に人がとられ、警備が手薄になったとのことです。どの場所へ移ったのか調べてみます。

出典:日本経済新聞

【ソウル=恩地洋介】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領は20日、公約履行の第1弾として大統領執務室を移転すると発表した。現在の「青瓦台」から6キロメートル余り離れた国防省の庁舎へ移る。韓国の大統領は強大な権限を持つ一方で、国民感覚に乏しいと批判されてきた。尹氏はこうした大統領制のあり方を改革する姿勢を印象づけたい考えとみられる。

国防省庁舎は、ソウルの官庁街である光化門の南方にある竜山(ヨンサン)という場所にある。尹氏は記者会見で、政権が発足する5月10日から新たな執務室を使い、青瓦台は市民に開放すると表明した。

ツイッターでの情報のため、事実かどうかは不明です。
  • 道が狭くて坂道だった
  • 当日は土曜日で思ったよりの人が集まった
  • 10万人が押し寄せた
  • 坂道途中の倶楽部や居酒屋がこれ以上人が入ってこないようにドアを締め切ったこと

ツイッターでは以上のような原因もあげられていました。

梨泰院事故原因4「誰かが後ろから押した説」

Twitterに気になる声がありました。

「5〜6人の男が押して大勢が倒れた」後ろから『もう押しちゃおう、我々がもっと思いきり押せば押し勝てる』と聞こえ、押されて進むしかなかった」 「外国人ふうの人や酒に酔った男5~6人が明らかに故意に押した梨泰院ハロウィン、やはりこういう話が出てくるよね。

数時間前に公開された梨泰院の事故直前の現場の様子

現在、韓国のネットではある5人の男性が後ろからわざと押す行為があったという目撃談などが広がっています。

5〜6人の男が押して大勢が倒れたなど目撃談が出てきました。更に詳しく調べると、助かった方の証言がありました。

【画像・動画】韓国ハロウィンがおそろしい地獄絵図にかわるまで

梨泰院から生きて帰ってこられました。本当に死んでしまうんじゃないかという経験がこれが最初で最後であって欲しいと願うほどでした。内容を説明します。
1.梨泰院駅の1番出口とクラブが多い路地にワイキキという場所がある
2.人たちが四方八方から集まってきた
3.道が塞がり前にも後ろにも動けなかったです
4.私の後ろにいた20代後半くらいに見えるひとが「くそっ!一緒に押そうぜ」と言い友達と「押そう押そう」と馬鹿騒ぎ
5.人が後ろから押すものだから一時的に前に押し出されて倒れる
6.倒れたら隙間が空くのでいいと前に進みまた倒れる
7.5−6を繰り返しながらニュースのような残酷な状況にまでなった
後ろでは「押せ押せ」とふざけてるし、前では人達が「死にそうです」「助けて下さい」「息ができません」と言っていてここが地獄そのものだと思いました。その中でなにも考えることは出来ず、ただ家族のことだけ考えていました。それで私がどのように抜け出したかって?人達が上から手を伸ばしてくれて「上がって来て」と言ってくれて、こんなに涙が出るほど嬉しい手は初めてでした。
上がって冷静になった時には、消防隊や警察の方々がCPRをしていました。友達なのか「おい、目を覚ませ。起きろよ」と泣きながらCPRをする人もいました。毛布が被せられた人の姿も。その横でsex on the beachを歌ってた奴らは人間じゃない。こんな状況でそんな事ができる奴は誰よりも悪だ。潰されて遺棄もできず反応もなく動かない人の顔を見て恐怖で震えました。

【追記】梨泰院事故原因5「ハミルトンホテルが違法建築」

群衆雪崩事故は幅3.2mの路地で起きました。事故現場はハミルトンホテル裏の世界食べ物文化通りに集まった人が、梨泰院駅に行く抜け道であるホテル横の長さ50mの下り坂に入り、駅からのぼってくる人と、降りる人が入りみだれ、ボルトネック現象を起こしたと言われています。

砂時計をいくら大きくして砂の量を増やしても、このくびれをなくすか、あるいは太くすることによってしか砂の落下速度を上げることはできない。これがボトルネック現象である。
これから転じて「他の箇所をいくら改善しても、ここを改善しない限り全体の改善は望めない」といった場合に使われる言葉となった。(コンサル業界関連用語集より引用)

 

梨泰院事故現場となったのが、赤い丸部分です。世界のレストランが立ち並ぶとおりに出たい梨泰院駅から上方に向かう人と、下りたい人が混乱し、人が停滞してしまった部分です。事故現場のわき①部分がハミルトンホテル西側の路地にはみでた違法建築部分です。

事故現場の路地に入る手前の5mと少し広くなった通りも沢山の人で混乱していました。青い丸部分が違法建築のためにできたボトルネック現象を引き起こしたとされる場所です。

ハミルトンホテルの裏側に迂回しようと流れた人達(赤い矢印の方向)が2つの違法建築物によって通行に支障をきたしていたのが分かります。

上の図の違法建築①の部分ハミルトンホテル西側の外壁が下の写真のピンクの部分です。

このピンクの部分が出っ張っているため、必要な道幅が確保されていなかったと言われています。建築法によれば4m以上は必要ということです。

上の写真は事故直前です。自分の意志ではどこにも移動できない状態です。

事故直後の写真です。最初の人が倒れたところに人が覆いかぶさり、5層にも6層にもなっていました。警察やレスキュー隊が最前列の人の腕を引っ張っています。
それでも出すことができず、途方に暮れている様子も見られました。

ハミルトンホテル側の出っ張りが事故原因の一つになったといわれています。長さが40mで幅が3m強の狭い空間、しかも下り坂という場所はかなりの急坂に見えます。

②はハミルトンホテル本館Aの違法建築部分。長さ17m、幅1m、面積17.4㎡のスペースに居酒屋が立ち並んでいます。

③はハミルトンホテル別館B、Cが設置した違法ハロウィンイベントブースです。幅1m、長さは8〜8mと推定されています。

②と➂に挟まれた部分の道幅は約3mとなり、ボトルネック現象が加速されました。

日本人犠牲者の冨川芽生さんは語学留学中だった

千葉3歳児25階転落高層マンション「幕張ベイパークスカイグランドタワー」

コメント

タイトルとURLをコピーしました