" />

事件

石川県スカート下半身露出男は誰?名前や顔画像から職業を徹底調査!

2022年6月8日

2022年6月8日石川県七尾市で起きた路上でスカートを履いた男が下半身を見せびらかしていた事件。起きた時間帯は朝でした。通勤中のサラリーマンやOLのみなさん、学生さんもいたことでしょう。

びっくりしますね!朝から気持ち悪くて休んだ人もいたかも知れません

今回はそんな事件を起こし、逮捕された男がどんな男なのか知りたくなりました。

  • 路上露出男の名前は?
  • 路上露出男の顔画像ある?
  • 過去に似たような事件はだった?

など気になる点を調査したいと思います!最後まで読んでいただけたら嬉しいです!



石川県の路上でスカート姿の男がスカートをまくりあげた事件をチェック!

石川県七尾市内の路上で下半身を露出していた50歳の男が公然わいせつで現行犯逮捕されました。

現行犯逮捕されたのは七尾市内に住む50歳の会社員の男です。

6月8日午前8時半ごろ、逮捕された男は七尾市内の路上で下着をつけずにスカートをはき、不特定多数にむけてスカートをまくりあげて下半身を露出していたということです。  車で出勤途中だった警察官が男に気づき110番通報をして、駆け付けた警察官が現行犯逮捕しました。  男は容疑を認めていて、警察が動機を調べています。

50歳の会社員は一体誰なのか、名前や顔画像はなぜこうひょうされないのでしょうか?不特定対数のいる場所でということはたくさんの人がみていたことでしょう。



石川県スカート下半身露出男は誰?名前や顔画像から職業を徹底調査!

石川県七尾市でおきたスカートを履いた男がその下は何も身につけずに、自分の下半身を大勢の前で露出する。この方は変態だと思われます。

犯人wiki

  • 名前:不明
  • 年齢:50歳
  • 職業:会社員
  • 住所:石川県七尾市

この事件が起きた時間帯は平日の午前8時半ころ、この時間は通勤・通学時間です。たくさんのサラリーマンや学生が急ぎ足で歩いていたことでしょう。そんな公の場で自分の下半身を露出できるのは、真っ当な人間にはできないと思われます。

まず、スカートを履いていた。今は男でもスカートを履いてもいい時代。男子学生もスカートを選べる時代です。しかし、問題なのはその下に何も履いていなかったということです。

スカートめくりスカートまくりとは着用中のスカートを不意・計画的にめくり上げて下着や下半身を露出させる行為である。他人のものをめくり上げた場合は迷惑防止条例違反、自分のものをめくり上げた場合は公然わいせつ罪となることがある。(ウィキペディアより引用)

露出させる・・・露出狂の性癖がある?

 

露出狂(ろしゅつきょう)は、自ら裸体・性器など通常は衣服で覆われていて見えない身体の一部を晒すことを好む性的倒錯者を示す言葉である。 (ウィキペディアより引用)

 

つまり病気だと推察されるのです。そしてこの男が誰だか、調べてみたのですが、公開されていませんでした。

なぜ、実名報道されなかったのでしょうか?

実は、実名報道には基準があるようです。どのような場合に実名報道されないかというと。

  1. 少年事件(2022年4月1日から18歳以上は実名報道されます)
  2. 精神障害者(刑法39上項で「心神喪失者の行為は罰しない」とあります。刑事責任能力がないと判断される場合、実名報道を控える傾向にあります。
  3. 在宅事件(身柄拘束を受けることなく捜査がなされている場合には実名報道ではなく匿名報道になる傾向にあります。)
  4. 軽微な事件

石川県七尾市で起きたスカートを履いた下半身露出男の名前や顔画像などを知りたかったのですが、逮捕された時点で精神障害者と断定されたと推察いたしました。

つまり顔も名前もわかりませんでした。



石川県スカート下半身露出男の事件とそっくりな類似事件発見!

この事件とほぼ一緒の事件が過去にありました。

2018年、埼玉県で起きた事件で女装したスカートをめくって下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで無職の63歳の男を逮捕されました。

逮捕容疑は春日部市上蛭田の路上で、自転車に乗っていた近くに住む50代の女性に対し、下半身を露出したとされています。男は茶髪ロングのカツラをかぶり、ピンクのカーディガン、赤と黒のチェックのスカートを着用していた。犯行現場の周辺では今月、同様の被害者から110番通報が相次いでおり、同署で捜査していた。

この男は「女装して下半身を露出すると、達成感があった」と容疑を認めているといいます。

これに対して世間の声は

「達成感があったという言葉の意味がわからない」

 

「そんな達成感は他人にとっては害でしかない」

 

「63歳ということで、孤独に悩んだ末の犯行ではないだろうか」

 

「女装癖があってこの年齢まで悩んでいたというのは、哀れに感じる」

などあったようです。

過去に類似事件があったということは、1つの性的な癖なのかも知れません。しかし他人が不愉快な思いをするんですから、控えていただきたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

-事件

© 2022 SECOND LIFE Powered by AFFINGER5