事件

福原加奈の勤務先病院「47の死を書くメンヘラ女」大阪泉南市看護師

事件

駐車場にとめてあった車に「死」の文字を47個書いたとして、器物損壊容疑で大阪府泉南市の看護師、福原加奈容疑者(41)が逮捕されました。福原加奈容疑者の勤務先病院を調べるとともに、47という数字はいったいなにを意味するのか、福原加奈容疑者の人物像にせまりたいと思います。

福原加奈の勤務先病院「泉南市周辺には多数の病院」

福原加奈容疑者が住む大阪府泉南市は大阪府の南部で和歌山県に近い場所にあります。

泉南市周辺の病院を調べてみました。グーグル地図には20軒近くの病院が検索結果に出ましたが、小さな医院などを含めると多数あり、福原容疑者の勤務先の病院は特定出来ませんでした。

福原加奈容疑者は看護師として働いていましたが、逮捕されたことによって免許は剥奪されるのでしょうか。

一 罰金以上の刑に処せられた者

二 前号に該当する者を除くほか、保健師、助産師、看護師又は准看護師の業務に関し犯罪又は不正の行為があつた者

出典:保健師助産師看護師法9条

刑事事件を起こして前科がついてしまった場合は看護師免許を取り消されたり新たに取得できなくなることがあります。

福原加奈が47個の死の文字を書いた理由「元カレの車と勘違い」

福原加奈は大阪府泉南市在住の看護師です。犯行現場は奈良県大和高田市のマンションの駐車場でした。どれくらいの距離があるのか調べてみました。

車での移動を想定してみると、福原加奈が住んでいる大阪府泉南市から犯行現場の奈良県大和高田市までは52分もかかります。往復で2時間もかかる場所へ、「死」の文字を書きに行ったことには意味がありそうです。

署によると、大きさは4センチ程度。6月18日にも男性の車に「死」の文字が30個ほど落書きされていたことから、男性が車にカメラを設置。記録された映像に同27日、車の周辺をうろつく福原容疑者の姿が写っていたことから発覚した。2人に面識はなかったという。

出典:産経新聞

福田加奈容疑者と死の文字を書かれた車の所有者の男性に面識はありませんでした。しかし、福田容疑者が全く見も知らずの人の車に、落書きをするために奈良県まで訪れたことは考えにくいです。「死」という文字から恨みや嫉妬、憎しみが想像できます。

面識無いはずは無い

防犯カメラから福田加奈容疑者が特定されたはずですが、福田容疑者自身は容疑を否認しています。うそをついてることになるので「面識がないというのも」嘘の可能性があります。その場所の近辺に元交際相手か片思いの相手の男性がいて、車を間違えたのではないでしょうか。

6月18日に30個の死の文字を書いてから、なんの音沙汰もないことに、自分の存在を知らしめるために2度目の犯行をしたかもしれません。

福原加奈の人物像「47の死を書くメンヘラ女」

・47個にどんな意味合いがあるのか?
・都道府県であぁってなった よほど日本が嫌いなのね。
・都道府県
・忠臣蔵四十七士
・呪いをかけようとしたのか、47という数字にはなにか意味があるのか?
ネットでは47個も「死」という文字を書いたことに驚いている声が多数ありました。赤色の油性ペンのようなもので書いた「死」という文字。
41歳でメンヘラはキツい
「死」という文字を47個書くのにどれだけの時間がかかったのでしょうか。恨みや憎しみがあったとしても、書き続けることはたやすいことではありません。ちなみに管理人も「死」という文字をどれくらいまで平常心で書けるか試してみましたが、9個くらい書いたところでなんだかこわくなりました。
そして、「死」という字を書いているにも関わらず「一」「タ」「匕」となんだかバランスも悪くなり、上の写真のような汚い字になってしまったのもわかる気がしました。
福田容疑者は心が病んでいたかもしれません。看護師という仕事柄「死」が身近にあったことも47個も書き続けられた理由と考えられます。

福原加奈41歳看護師「死の文字を落書きした」事件概要まとめ

現在わかっていることをまとめます。

  • 逮捕されたのは福原加奈容疑者。41歳の看護師
  • 逮捕容疑は器物損壊
  • 6月18日、奈良県大和高田市に止めてあった車に「死」の文字を30個書いた
  • 6月27日、男性の車に「死」の文字を47個書いた
  • 福原加奈容疑者は「駐車場に行ったこともないし、知らない」と容疑を否認している
  • 文字を書いた車の所有者の男とは面識がなかった

事件の続報が出たら追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました