" />

ドラえもん

ぐうたら感謝の日とは6月2日、のび太がぐうたらに過ごす祝日を作った理由

2021年5月18日

ぐうたら感謝の日

ぐうたら感謝の日とは、のび太が作った国民の祝日で、それは6月2日です。

 

ぐうたら感謝の日は、誰もがぐうたらに過ごして良い日、そして働いてはいけない日のことです。

なぜ、のび太はぐうたら感謝の日を6月2日にしたのか。

なぜ、5月でもなく7月でもなく、6月なのか。

その理由をこの記事でお伝えしています。




のび太が「ぐうたら感謝の日」を作った理由

のび太がぐうたら感謝の日を作った時代背景

のび太の時代、学校は日曜日しか休みではありませんでした。

今と違って、土曜日もみんな学校に通っていたんです。

そして6月は祝日がありませんでした。

なので、日曜日だけが休みだったのです。

祝日もなくお休みは日曜日しかない中、のび太の不満が募るのがわかります。

のび太がぐうたら感謝の日を作った理由

のび太がぐうたら感謝の日を作った理由とは、日曜日以外に休みがないのが耐えきれなかったからです。

一年を通して祝日のないこの6月に日曜日以外の休日が欲しかったからなのです。

5月のゴールデンウィークにたっぷり遊んだあとの6月が、日曜日しか休みがないなんてちょっと悲しいですよね。

のび太が「ぐうたら感謝の日」を作った経緯

のび太がぐうたら感謝の日を作った経緯をご紹介します。

のび太が「ぐうたら感謝の日」を作った最初のきっかけ

1978年(昭和53年)発刊「ドラえもん」14巻「ぐうたら感謝の日」のお話です。

のび太が嘆くところから話は始まります。

「1年を通じて、こんなつまらない月があるか!」

「6月は祝日が一日もないんだぞ!」

ドラえもんは「じゃあ祝日を作ればいいよ。」とのび太のためにひみつ道具を出しました。

「ぐうたら感謝の日」は『日本標準カレンダー』で作った

「日本標準カレンダー」とはドラえもんのひみつ道具のひとつ。

日本の祝日を決めることができるカレンダーです。

付属の日の丸シールを貼れば、その日は国民の祝日にできて、はがせば元通りに戻ります。

勤労感謝の日にちなんで、なまえはぐうたら感謝の日に決定しました。


「ぐうたら感謝の日」で生じた想定外のデメリット

ぐうたら感謝の日は国民の祝日。

誰でもぐうたらに過ごしていい日なんですが、誰もが働いては行けない日でもあります。

そこで、困ったことが起きました。

テレビ放送は録画放送。

お母さんがごはんを作らなくていい日だからお腹が空いてしまう。

お店もお休みでなにも買えない。

お腹が空いて猫から魚を奪うも、ジャイアンに強奪される。

交番のおまわりさんもお休みで、相談できない。

結局、のび太は困ってしまって祝日にしていた6月2日のシールを剥がします。

学校の土曜日休みの歴史

1978年(昭和53年)当時は土曜日も通学していた

まんが『ドラえもん』14巻が出た1978年(昭和53年)当時は、土曜日も学校に通っていました。

休みは日曜日だけだったんです。

1992年(平成4年)9月12日、第2土曜日だけが休みになった

多くの公立の小中学校と高等学校で毎月第2土曜日が休業日になりました。

学校5日制はそれまでも提案、検討をされていたが、実施にはいたりませんでした。

それが週休2日制の時代背景から、学校の土曜日休みにつながったと言われています。

1995年(平成7年)4月22日、第2・第4土曜日も休みになった

多くの公立の小中学校と高等学校で毎月第2、第4土曜日が休業日になりました。

隔週学校週5日制と呼ばれました。

学校5日制は子どものゆとり回復が狙いとされていましたが、教員の週休2日制を確保するという側面もあったようです。

2002年(平成14年)4月6日、完全に毎週土曜日が休みになった

多くの公立の小中学校と高等学校で毎月、毎週土曜日が休業日になりました。

完全週5日制と呼ばれました。

完全週5日制は議論が続いている

完全週5日制は公立の小中学校と高等学校が対象です。

私立は学校ごとに判断が委ねられています。

2002年(平成14年)に完全週5日制が施行されてからも、学力の問題や休日が有意義に過ごせていないなどの理由から議論は続いています。

また2020年に流行した新型コロナウイルスの到来によって、公立小中学校、高等学校が1ヶ月あまり臨時休校となり、その穴を埋めるべく多くの地域で土曜日の授業があったり、平日の授業を延長したりしています。

 

 

-ドラえもん

© 2022 SECOND LIFE Powered by AFFINGER5