事件

【頭蓋骨レプリカ事件】弟の死亡経緯は?兄(村井正一)が弟の部屋を片付けた理由に迫る!

事件

弟の部屋にあった頭蓋骨をレプリカだと思って捨てた兄(村井正一容疑者)が逮捕されました。弟の死体遺棄容疑で逮捕された兄は容疑を否認しています。兄はなぜ弟の部屋を片付けようと思ったのでしょうか?その動機に弟の死亡経緯や兄が容疑を否認している理由が隠されているのではないかと思いました。また、集積所というごみがたくさんある中で頭蓋骨が発見されたというのも、見つけた人すごい!って思ったんですよね。

今回は!頭蓋骨をレプリカだと思ってしまうことが不思議だなと思うのと、弟がなぜ白骨化するまで放置されたのかに注目して!

  • 兄が弟の部屋を片付けた動機はなに?
  • 兄は弟の死亡経緯を知っている?

などなど。。高齢化が進む時代のなか、両親の死を放置などの事件もあったりで他人事では済まされない今回の事件を調査してみました!

最後まで読んでいただけたら嬉しいです!



【東京北区頭蓋骨レプリカ事件】兄が弟の死体遺棄容疑で逮捕された事件をチェック!

 

弟の頭蓋骨をゴミ集積所に捨てた男が逮捕されました。逮捕された兄は「弟の部屋で発見した頭蓋骨がレプリカだった。」と供述しているようですが、頭蓋骨がレプリカか本物かわからなかったのでしょうか。また、弟の部屋をなぜ片付けようと思ったのか?そこに今回兄が死体遺棄容疑を否認している理由が隠されているのではないかと思ったんです。

まずは事件を整理してみます。

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

✔ 2022年6月21日頃 東京都北区内のゴミ集積所に兄が弟の頭蓋骨とあごの骨をビニール袋に入れて捨てた

✔ 2022年6月21日 東京都足立区のリサイクル工場内で弟の骨やキャッシュカードなどが発見された

✔ 2022年6月29日 兄が死体遺棄容疑で逮捕された

[/st-mybox]

 

弟が67歳兄が68歳と年子の兄弟です。ふたりとも高齢での同居。他に家族はいなかったのでしょうか?健在であればご両親は88歳以上と思われますが、亡くなっている可能性もありますね。

兄も弟も結婚はしていなかったのでしょうか。そう仮定すると、兄弟で二人暮らしだったのかもしれません。そして兄の職業が無職とのことです。収入源は貯蓄をくずしてのやりくりや年金での生活が考えられますね。

この事件からして、兄と弟の仲はあまり良くなかったのかと推測できます。同居していながら生活はそれぞれ別々にしていたのでしょうか?弟がいつ亡くなったのか、死亡届を出していないければ弟の年金についてもどうしていたのか気になります。

ますます弟の死亡経緯が気になりますね。



【頭蓋骨レプリカ事件】弟の死亡経緯は?兄が弟の部屋を片付けた理由に迫る!

 

弟の頭蓋骨をレプリカだと言い張る兄の村井正一容疑者ですが、本物と偽物と見分けはつかないものなのでしょうか?そしてもしも、その部屋で弟がなくなっていた場合、頭蓋骨や顎の骨のほかに体の骨もあったはずなんですが、報道では触れていませんでした。

 

弟の頭蓋骨と判断され、弟の死体遺棄容疑で逮捕された兄がレプリカと思ったということが、兄が思う真実だとしたら、弟の死についてはどう説明するのでしょうか。何らかの理由で弟が部屋で亡くなった場合、兄は気づかなかったということになりますが、同居していてそれはありえない話です。

遺体が骨になるまでどれくらいの時間がかかるのでしょうか。白骨化について調べてみました。

 

死体が白骨化するまでにかかる時間は、ヒトの場合、腐肉食動物による死体の損壊や周囲の環境にも強く影響されるが、地上に放置されていた場合、夏場では1週間 – 10日、冬場では数か月以上かかる。 乾いた土中に埋められていた場合、大人で7 – 8年、水中では夏場で2週間、冬場では1か月で頭蓋骨の一部が露出する。

ウィキペディアより引用

 

弟がいつ亡くなっていたのかがわからないのですが、地上に放置された場合って意外と早く白骨化するんですね。数ヶ月かけて白骨化された可能性もあります。そしてそれに伴って異臭もあったはずです。かなりきつい異臭の中、兄はその家で暮らしていたのでしょうか。近所からの苦情などもなかったのか気になりますね。

弟の部屋にあった頭蓋骨のレプリカを処分した兄は、なぜ弟の部屋を片付ける気になったのでしょうか。同居している弟がいないということならば、捜索願いを出したり、心配をするのが普通だと思います。そこに、部屋を見た兄がそこに頭蓋骨があったとすればレプリカと想像するよりも、実物と思うほうが自然だと思うんですが。

弟の部屋を片付けるということは、もう亡くなっていることは知っているが、それを届け出ずに、何らかの理由で弟の死を隠していたのではないでしょうか。自然死なのか、事故死なのか、はたまた事件が絡む死なのか、どちらにしても隠していたわけです。

親族の死を隠す理由はなんでしょうか?本来なら、自宅でなくなった場合は主治医などに死亡診断者を書いてもらわないといけません。事件性がないか、警察の介入もあるかもしれません。弟がなぜ亡くなったのか、その死亡経緯はいまのところ報道されていません。

世間ではこのニュースについてどういった声があるのか、調べてみました。

 

白骨化するまでに異臭がしたり、 床とかにも痕跡が残ったはず。 で、キャッシュカードも処分したと言うのは、 口座から引き出したり物色したんじゃないか? 本人が生きてると思ったなら勝手にキャッシュカードは処分はしない。 つまり、嘘を言ってる。事件性を感じる。

 

弟の年金をあてにして死亡したことを届け出なかったことも考えられますよね。

 

きれいに白骨化していたということですか? 部屋の中で? 相当年数が経たないとそういうことにはならないし、 そうなるまでにかなりの臭気がしたり蛆が沸いたり 大変なことになると思いますが。 それに、体の部分はどうなっていたのでしょうか。 「レプリカと思った」。 ちょっと、信じられません。

 

 

弟さんは同居だったのですよね? 本人がいない事は不思議なことではなかったのかな?(よく旅行とかでふらっといなくなるとか?) 白骨までしていたら相当な匂いがしていたと思うし、気づかない事はあるのだろうか? でも不燃ごみに出していたんですね。 ビニールで中が見えていたんだとしたら本当におもちゃだと思った?? でも弟の部屋のもの勝手に捨てるのも違和感ある。

 

世間の声にもあるように、まだわからない点が多く、事件性になりそうな声が多いです。



【頭蓋骨レプリカ事件】被害者の兄である村井正一容疑者が死体遺棄容疑で逮捕!

 

 

弟の村井秀夫さんの頭蓋骨などをレプリカだとして、ゴミ集積所に捨てた兄の村井正一容疑者。死体遺棄容疑で逮捕されたあとはどうなるのでしょうか。まずは弟の村井秀夫さんの死亡経緯を村井正一容疑者が知っているとして、取り調べが行われることでしょう。

今回は村井正一容疑者が弟の頭蓋骨をレプリカとしてゴミ集積所に捨てた件で、事件性があるのではないかと気になりました。弟の死を何らかの形でわかっていた可能性がたかいですし、そうだからこそ弟の部屋を片付けた動機にもつながる気がします。

この様子から兄弟の仲が良くなかったと推測されますが、亡くなった弟の村井秀夫さんが浮かばれるように死亡経緯をはっきりと調べてほしいですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました