大阪堺市母子殺人事件

バルボサアンデルソンロブソンFacebook「すぐにすべてが明らかになる!」

大阪堺市母子殺人事件

大阪堺市母子殺人事件で、行方不明になっている夫バルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者が警察が捜索してるなか、自身のフェイスブックにコメントをしているのを見つけました。バルボサのフェイスブックには批判から擁護のコメントがたくさん集まっています。

荒牧愛美の夫の名前と顔画像特定「リリィちゃんは父親似」ブラジルへ帰国か

荒牧愛美の夫「イケメンで優しいバタラー」堺市東区母子殺害事件

【追記】2022年8月31日、荒牧愛美さんの夫であるバルボサ・アンデルソン・ロブソンが国際指名手配されました。8月22日の夜、成田空港からブラジルへ向け出国しています。

荒牧愛美の夫が捜索中にコメント「すぐすべてが明らかになる!」

荒牧愛美さんの夫がバルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者であるという情報からフェイスブックに訪れる人も大勢でてきています。批判のコメントから擁護するコメント、知り合いと思われる人のコメントまであります。

その中に8月27日㈯の早朝に本人と思われる書き込みを見つけました。

andykomennt

あなたは本当に何がおこったのかわからない、ただ詰め込むのをやめて尊敬してください!すぐにすべてが明らかになる!
時間を追っていくと午前7時から8時の間にコメントがありました。
ポルトガル語を日本語に翻訳したものを載せましたが、直訳なのでおかしな日本語表現もあります。
そして気になる言葉を見つけました。
すぐにすべてが明らかになる!
自分のことを警察が捜しているとわかっていながらフェイスブックに投稿するのはどういう心境なのでしょうか。

【追記】荒牧愛美の夫「アカウント名はAnderson Barbosa(Andy)」フェイスブック特定

「すぐにすべてが明らかになる!」という言葉は、荒牧愛美さんの夫のフェイスブックに書かれていました。荒牧愛美さんのフェイスブックで夫とやり取りをしていたところから夫のアカウント名を知ることが出来ました。

andersonbarbosafacebook

アカウント名は「Anderson Barbosa(Andy)」です。2011年からフェイスブックを始めたようです。今から約10年前です。写真を見ていくと2014年11月までコンスタントに続いてた投稿が止まり、2017年4月に再び始まっています。

そして2017年6月25日の投稿から荒牧愛美さんが登場しています。今から5年前に出会っていたのがわかります。

andersongazou 1

👩「マカキンニョちゃん」

バルボサ容疑者のふたりだけにわかる愛称でしょうか。

👩「それにサングラスつけたらかんぺきちゃうか」👨「おいやめとけテロリスト」

👩「それはこんなところで言うたはあかん、ひみつや」👨「それリスばくだんもってるちゃう」

二人のやり取りから仲の良さが伺えます。

2017年7月30日の投稿

andersongazou2

👩「愛してる」

2018年8月13日

andeygazou3

ここで「夫ちゃん」というコメントが出てきました。入籍したのでしょうか。

2019年7月16日

andeligazou4

👩「インターホンにカメラないですよ」👨「あったよこの写真はインターホンで取ったで!笑」👩「きれいにとれてますね」

自宅のインターホン前でのやり取りと思われる会話ですね。

2020年8月19日

andeygasou5

👨「だれがトルコ人やねん」

二人の微笑ましいやり取りもありました。

2021年2月28日

andeygazou6

👩「なたね」👨「冬やから」

二人しかわからないことばです。

2022年1月5日

andeligazou7

最後の投稿は2022年1月5日でした。ここに荒牧愛美さんのコメントはありません。2021年2月28日以降に愛美さんとの間に亀裂が入ったことをうかがい知ることが出来ます。

そして2011年から始めたフェイスブックですが、2014年から2017年まで空白がありました。この3年間は情報が途絶えたことになります。

バルボサ・アンデルソン・ロブソンのFacebookに集まった声

荒牧愛美さんの夫であるバルボサ・アンデルソン・ロブソンのFacebookのコメントから気になる部分を載せていきたいと思います。
英語、ポルトガル語など外国語は翻訳したものを載せるので、適切でない日本語表現があるかも知れません。ご了承ください。
彼が無実なら、なぜ彼はいなくなったの????
彼があんな風に消えるのは変だと思わない?
彼は病気の怒った顔をしている
家族がすべての顔を消している
彼はおそらくブラジルに逃げたのはParaná第2リフト経由で、ここでは法律は機能していない。
この男が妻と娘を殺したなんて信じられない…
ワオ。そう、彼はサイコパスだ。 彼はドラッグ依存症だ。 この虫に出会った。 彼はダメだった!!!
BRにいるアンダーソンの家族と友人、この事件を罰せずに、報告してください… 二人の魂がこの地球上にいて正義が起こるのを待っている
一般論として言うでえ😉日本は死刑制度があるんや。殺人事件は死刑対象や。ブラジルは死刑廃止の国や。ブラジルに帰国したら、ブラジル政府は、ブラジル人を日本政府に引き渡さないらしい。ブラジル人はブラジルで刑事事件の処罰を受ける。日本は死刑にならなくても、仮釈放や恩赦がほとんどない。2人殺人なら安くても25年は刑務所や。ブラジルは、もっと早く刑務所でれるやろ。日本で、殺人事件で警察にさがされて、ブラジルの領事館に逃げて、死刑を免れた人もいます。私の知ってるイラン人は日本で殺人事件をしました。日本のスウェーデン領事館に入って亡命申請しました。そしたスウェーデンで7年ぐらい刑務所に入りました。もし、日本なら15年の刑務所です。
アンダーソン! あなたはすべてのコメントを読んでいます。あなたの妻とあなたの娘の家族が権力者に降伏するチャンスはあなたの人生ですでに被害が及んでいます。あなたは隠れてることさえできますが、あなたの心は決して平和を得ることができません。信じてm e最高 fa zer tomodachiの前でこの残酷さは彼らにも行われました。彼女だけでなく、あなたの家族全員も彼女のものでなく、私たちの多くが昇る太陽の国にいる社会のために好意を示します。 尊厳ある命は、私たち家族として一緒にいる。残念ながら、日本でブラジル人が衝突したことに対して彼らの行動の代償も払うだろう。ああ、この残酷さには喉が痛い。
本当、彼だったの?? 人々は無実の人を傷つけないように注意しなければならない、私は人が殺され、彼らが無実であるケースを見たことがある
アンディ、話して
大阪堺市母子殺人事件のニュースを見た人から非難のコメントがあったり、知り合いだと思われる人の自首をすすめるコメント、まだ犯人だと決まったわけじゃないという擁護のコメントまでさまざまな意見がありました。
今現在も続くコメントを荒牧愛美さんの夫であるアンディは読んでいる可能性があります。いったいどこにいるのでしょうか。

【追記】指名手配「ブラジルへの出国を確認」

2022年8月31日、バルボサ・アンデルソン・ロブソンが国際指名手配されました。
上記のとおり、たしかに愛美さんとやりとりする投稿があったのに、現在はFacebookのコメント欄が削除され、2017年以降、荒牧愛美さんに関する記述が消えています。
2022年8月22日  20〜21日、荒牧愛美さんとリリィちゃんが殺害されました。バルボサ容疑者は8月22日に会社に「ケガをしたから2週間休ませてほしい」と連絡し、行方がわからなくなっていました。
その後、自宅マンションの最寄り駅である南海電鉄「初芝駅」の自転車乗り場に自分の自転車を放置し、そこから電車にのってブラジルに出国したのが確認されています。

【追記】バルボサ容疑者「ブラジルへ帰国前の行動」

荒牧愛美さんの夫であるバルボサ・アンデルソン・ロブソンの行動についてわかったことを時系列にまとめます。

  • 8月20日〜21日 荒牧愛美さんとリリィちゃんが殺害される
  • 8月21日午前10時頃 初芝駅の自転車乗り場に自分の自転車を乗り捨て、駅から電車に乗る
  • 8月21日午前11時半頃 大阪府内のスーパーの防犯カメラに写っていた
  • 8月22日午前 「ケガをしたので病院に行く」と会社に連絡
  • 8月22日午後 「骨折したので2週間休む」と会社に連絡
  • 8月22日夕方 荒牧愛美さんの携帯から母親へ「体調不良なので来ないでほしい」とメールが送られる(バルボサ容疑者が事件の発覚を送らせるための偽装工作と見られている)
  • 8月22日夜 ブラジルに出国
  • 8月24日午前 荒牧愛美さんと娘のリリィちゃんが遺体で見つかり、夫であるバルボサ容疑者の行方を追っているという報道が流れる
  • 8月27日午前 自分のFacebookに「何が本当に起こったのかは分からない。真実はすぐに明かされる」と投稿する
  • 8月31日 指名手配される
  • 8月31日 Facebookの2017年以降を削除(荒牧愛美さんと出会ってから愛美さんに関する投稿、コメント、バルボサ容疑者に対する誹謗中傷、擁護など第三者のコメントが見れない状態になる)

【追記】バルボサ容疑者「ブラジルへ帰国後の行動」

荒牧愛美さんの夫であるバルボサ・アンデルソン・ロブソンは、成田空港からブラジルのサンパウロに逃亡しました。

バルボサ容疑者はグアルーリョス空港で待っていた母親の運転するレンタカーで、カンベにある弟の家に行ったという情報がありました。まもなくメディアに発見されたのでパラナ州ロンドリーナ地区にある肉親の家に潜伏していることを現地の警察がテレビの取材に答えています。

バルボサ容疑者はブラジルで犯罪をおかしたわけではないので、ブラジルの警察は拘束が出来ないということです。ブラジルは自国民の外国への引き渡しを法律で禁じているので、犯罪者であっても日本に引き渡す事はありません。

代理処罰に詳しい二宮正人弁護士によればバルボサ容疑者がブラジルで逮捕されるまでには1〜2年かかるということです。

  • 代理処罰の書類を揃える「日本の警察がバルボサ容疑者が殺人犯であるという確たる証拠を見つけて実行犯として確定し、書類をそろえなければならない」
  • 代理処罰の書類をポルトガル語に翻訳
  • 代理処罰の書類は日本の外務省⇒ブラジルの外務省⇒法務省⇒パラナ州高等裁判に送られる
  • パラナ州高等裁判で裁判が行われようやく指名手配犯となる

手続きだけで1,2年かかるので、判決が出るまでどれくらいの時間がかかるのでしょうか。前例を調べてみました。

2005年10月、静岡県湖西市で軽乗用車を運転していたブラジル人が信号無視で交差点に侵入し、乗用車と衝突、2歳の女児が亡くなった事件がありました。容疑者は直後にブラジルに出国していましたが日本の代理処罰要請を受けて2016年に禁錮2年2ヶ月の判決が確定しています。

2005年11月に静岡県浜松市のレストラン経営者が殺害され売上金4万円を奪われた事件がありました。犯人である日系ブラジル人は事件直後ブラジルへ出国しました。日本はブラジルに対して代理処罰を求め、2010年7月に禁錮34年5ヶ月の判決が確定しています。

先述の二宮弁護士によれば、バルボサ容疑者が代理処罰裁判をされた場合、ブラジル刑法の通例からすれば、禁錮30年から60年の刑に確定する可能性があるとのことです。ただし、ブラジルの場合は懲役がどんなに長くても30年すぎれば刑務所から出されるとも言われています。

バルボサ容疑者は日本の警察は自分を犯人扱いし、弁護してくれる人もいないだろうから出国したと主張しているとのことです。現在は事情を説明するためにブラジルの警察に出頭する見通しだと弁護士が明らかにしました。

バルボサ容疑者が弁護士に無罪を主張しています。

二人を殺害していない
勤務先から帰宅して妻と娘が死んでいるのを発見し、怖くなって日本を出国した
リリィを殺したのは愛美。自分にも危害を加えようとしたので反撃で愛美を殺しただけ
バルボサ容疑者の主張は二転三転していますが、日本の警察は愛美さんとリリィちゃんを殺害した人物が別々だという証拠が見つかっていないことと、殺害に関わったのはバルボサ容疑者一人だけと見ています。
かくまっていたバルボサ容疑者の弟はテレビの取材に対し、「それについては残念ながら情報を提供できません。兄は非常にいい人で、殺意はなかったと信じています」と答えています。
また、愛美さんの十年来の友人とバルボサ容疑者の親族の証言で共通している部分があります。
愛美さんはずっと離婚したかったし事件前に離婚の話もした
愛美さんは結婚したくなかったが夫から押し付けられた
愛美さんの夫は日本に滞在したいがために結婚し、籍をいれる計画で愛美さんとの結婚を迫った
(2022.09.05追記)
バルボサ容疑者は周囲に対し、弁明している内容がわかりました。
俺は娘をブラジルに連れていくつもりだった。それで彼女はキレた。俺がトイレに行っている間にそれ(事件)は起こった
娘のリリィちゃんは愛美さんが、愛美さんをバルボサ容疑者が殺害したと言っているのです。日本の警察は二人の殺害は別人じゃなく同一人物と判断していると報道されています。
バルボサ容疑者についての今後の動きも追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました